外国人のビザ取得の相場は?

日本国に支払う手数料

日本国でビザの発給を受けるには、所定の条件を満たすだけでなく、手数料の支払いが必要になります。 2017年8月現在、邦貨換算で一次有効タイプは約3,000円、数次有効タイプは約6,000円、通過の場合は約700円となっています。 発給を受ける日本国大使館または総領事館の所在地国の通貨で原則的に支払いを行うことになっています。 ただし、渡航目的や国籍により金額が異なる場合や、手数料を必要としないケースもあります。
また、申請を行ったものの条件を満たさないなどの理由で発給されなかった場合には、日本国に対して手数料を支払う必要はありません。 なお、近年、日本政府または日本大使館を装ってビザ申請手数料を詐取するサイトや迷惑メールの存在が確認されてており、日本政府では注意を呼びかけています。

代理申請機関を利用する場合の手数料

日本国大使館総領事館が承認した代理申請機関を経由して申請を行う場合には、日本国への発給手数料のほか、代理申請機関の取次手数料がかかります。 行政書士を中心に代理申請機関に依頼することができますが、手数料は一律ではありません。
短期滞在の場合で5万円から10万円ほど、就労目的の場合は仕事の種類や業種によっても異なる場合があり、会社を起業したいなど発給の許可が得られる条件が厳格になるケースほど手数料が高くなり、15万円から20万円程度が相場となっています。 また、申請時に半額、発給が認められた際に残額を成功報酬として受け取る事務所もあります。

最新のお知らせ

  • 登録されているお知らせはございません。

ランキング


最近の投稿

  • パチンコのお店で狙われないためには?

    パチンコ店ではどのような人をターゲットにしているのかと言いますと、パチンコや、パチスロに嵌まりお金をどんどんとつぎ込んでしまう方を…

  • 貸したお金を取り戻す方法

    お金を貸してしまった際を取り戻す方法について解説されています。貸したお金は友人関係であれば特にかえすようには言いにくいかと思います…

  • 動物虐待について

    動物虐待は立派な犯罪でその残虐さは週刊誌等で取り上げられたりもされています。ニュースで大きく取り上げられたものとしては税理士が…

  • 空き家の放置は違法

    空き家対策特別措置法は危険な放置空き家については市町村について立ち入り調査の権限をもっています。特定の空き家に認定した場合には所有…

  • 資格がないのに法律業務をしてはいけない

    弁護士の資格を持っていないにも関わらず法律業務をしたとして弁護士法違反の疑いで逮捕されるという事件が過去にあります。無資格…

  • 職場のいじめ・嫌がらせ

    北海道の校長をパワハラで減給序文ということについての解説の動画です。3ヶ月にわたり管理職の打ち合わせに解きに罵声を浴びせたという事…

  • 火炎放射器を使用する罪について

    こちらの動画では火炎放射器についての解説をされています。とある動画で公園内で火炎放射器で火を発射する動画となっており、コレは火…

  • NHK敗訴について

    NHK受信契約締結承諾等請求事件について弁護士の立場としての見解を解説されています。そのなかで見解ついてNHK敗訴という評価だけは…

  • 認知症高齢者の事故について

    2007年に愛知県大府市で徘徊症状がある認知症の男性(91歳)がJR東海の電車ではねられてしまったことによって男性の親族に対して損…

  • NHKから【重要】とかかれた封筒が届く

    こちらの動画では投稿者さんとNHKさんが受信料について話し合っている動画になっています。動画で見せている書類については、空き家、も…