不貞行為と離婚について

不貞行為は民法770条第一項に記載されている離婚原因の1つですが、これは配偶者が自由な意思によって、肉体関係を持つことが条件となっています、

ですので、一緒に食事をしただけと言ったことやデートをしたことと言ったものではなくあくまで肉体関係を持ったかどうかによるものが必要になってきます。

よって配偶者が何回もデートを行ったといったようなプラトニックな関係であった場合には、不貞行為には当てはまりません。
このあたりは肉体関係と言った明確な基準が有ります。1回でも肉体関係があれば不貞行為となります。

しかし、裁判所によっては継続的なものが不貞行為であると考えている場合もあるようですので1回だけの不貞行為で離婚をするというのは珍しいというのが現状となっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る