ネットへの名誉毀損、どこまで書いたら開示されてしまう?

現代では誰もがインターネットに自分の意見などを書き込めますが、どんな事を書いたら発信者情報の開示をされてしまうのでしょうか?

ネットの書き込みで重要なのが相手のプライバシー権や著作権、名誉権や肖像権、商標権などの権利を侵害したかどうかですが、書き込む側にも表現の自由などの権利がありますので、全ての書き込みが開示されるわけではないのです。

書き込まれた内容が読む側にどんな印象を与えるかが焦点になり、嘘の内容を投稿したら名誉毀損になりますが、説教や文句を書き込んだ場合には評価や感情の内容だったら名誉毀損にはならない可能性が考えられるそうです。

聞いた噂を書き込んだ場合にも名誉毀損が該当する事が考えられますが、内容や裁判官によって開示の有無が異なるケースもあると言われていますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る