煽り運転への急ブレーキが罪になる?

近年では煽り運転による悪質な運転が話題になっていますが、煽られた時に急ブレーキを踏んだら、煽った側と煽られた側のどちらが罪に問われるのでしょうか?

煽られたという理由で急ブレーキをかけて、後続車と衝突してしまったら急ブレーキをかけた人も罪に問われると言われていますので、不用意な急ブレーキはかけない方が良いのです。

事故の場合、追突の原因が後続車の前方不注意や車間距離が不十分という事になりますが、後続車に車間距離を取ってもらいたいという目的でブレーキを踏んだり、不用意な急ブレーキをかけると前方の車も責任が重くなるのだそうです。

煽り運転された事への報復として、わざと急ブレーキを踏んだり事故に発展させた場合には、急ブレーキをかけたドライバーも罪に問われるという事を覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事