鈴木基宏法律事務所

企業は日々さまざまな取引をおこなっており、取引がある場合にはほとんどの場合は契約書があります。しかし、多くの中小企業では取引にあたって注文書と請書のみやりとりし、契約条件の詳細を記した契約書を作成しないことも多くあります。

取引当事者間の関係がうまくいっているのであれば注文書や聖書請書のやりとりのみで充分になる可能性もありますが、時間が経過するにつれて良好な関係が悪化してしまう場合もあります。

いずれかの経済状況が変わったり、もっと良い条件で取引できる先が見つかったり等、取引を始めた当初から状況が変わっていくことを想定し、契約書を作成することがおすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る