条文のルール

条文にはそれを読み解くためのルールがあるようです。法律には~以上、以下、~に満たないなど基準点に関する用語が有りますがその意味を混同してはいけないということになります。

基準点未満を指す場合には、他には満たない、達しないということもありますので、くわしく条文を見ていく場合には注意が必要になります。

例として民法772条第2項ですと

婚姻の成立から200日を経過した後または婚姻の解消もしくは取り消しの荷から300日以内に生まれた子供は婚姻中に懐胎したものと推定。
<民法772条第2項より>

とかかれています。

200日を経過したといったときには200日を含まないといったことになります。次に300日以内の場合には300日も含まれているといったことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事