警察官の自転車運転を拒否すると

2014年の6月に新聞にのっていた事象ですが、ブレーキのない自転車を運転して検査のためにに停止を命じた警察官の支持に従わなかったアルバイトの男性が道路交通法違反検査拒否と制動装置不良で書類送検されたという事件が起きました。

事件がはっせい発生したのは3月17日14:30ごろ行動をブレーキにない自転車で走行していたところ、パトカーのマイクによって、停止を命じましたが、コレに従わずに逃走し、マンションの駐車場に入り込んだところをパトカーの署員に取り押さえられたということです。

警察によりますと、自転車は男が組み立てた曲芸用の自転車で、ブレーキは前輪、後輪ともに無かったということです。
ブレーキがついていないだけでも制動装置不良で違法となりますが、こちらの事象では、警察官から逃走したため、自転車の検査拒否という事象が加わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事