保証人になるデメリットとは?

金銭トラブルを起こした人が、別の人間に保証人になってくれと言っているのを見た事のある方もいるかもしれませんが、なぜ保証人になる事は良くないのでしょうか?

保証契約では、保証人は債務者に金銭を貸した債権者との間で契約が行われるのですが、お金を返却できない債務者の代わりに保証人がお金を支払うという契約なのですが、この場合はまず債務者の方へ請求されるのだそうです。

連帯保証契約の場合には、債務者よりも先に連帯保証人に対しても請求をする事ができますし、それを拒絶できないと言われていますよ。

保証契約は、リスクしかないという事ですから、債務者が仲の良い人や親しい人だったとしても気軽に保証人になるのはオススメできないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事