隣家からのもらい火、誰の責任か

隣家からの出火で家が全焼した場合、火元である燐家の住人に損害賠償を請求は、原則としてはできません。

故意に過失を与えた場合は、民法に基づく不法行為に基づく損害賠償責任を負うことになりますが、もらい火は出火責任法で定められているため、不法行為として適用されないのだそうです。

出火をした者に重大な過失がある場合は適用され、重過失となるのは寝タバコや石油ストーブの誤った扱い、てんぷら油をコンロにかけて長時間その場を離れた、火災注意報が出ているのに焚き火をしたなどが挙げられます。

賃貸契約をして借りた部屋で、失火してしまった時は、借主は貸主に対して元の状態にして返す必要があるため、軽過失であったとしても損害賠償責任を免れることはできません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事