子どものいじめ、親はどう対処すべき?

近年では、いじめやいじめが原因の自殺が増加傾向にありますが、自分の子どもがいじめに遭う可能性もありますので、被害者の親側の対処方法について知っておくと良いでしょう。

もし子どもがいじめられていたら、まずは連絡帳を活用して担任の先生にいじめの事実を確認したり、加害者児童に対して注意や指導をしてもらいますが、それでも収まらない場合もあるのです。

いじめで体を怪我してしまった場合には、加害者親や学校に対して民事で治療費や損害賠償を請求をすることができますが、学校教育では児童の生命と身体の安全を守る義務があるのです。

私立では民法が適用されて、公立では国家賠償法が適用されて、加害者児童が未成年なので支払い能力がない場合にはその親が責任を負うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事