資格がないのに法律業務をしてはいけない

弁護士の資格を持っていないにも関わらず法律業務をしたとして弁護士法違反の疑いで逮捕されるという事件が過去にあります。

無資格のまま報酬を得る目的で賃金変換や損害倍書言う請求と言った3件の民事訴訟を行い、大阪地裁などに提出をおこなっていました。
弁護士法に問われた事件は過去に何件もあり、地上げ屋が多額の報酬を得て立ち退き交渉をおこなうなどといったことがあります。

この報酬を得る目的というのは物やサービスなどの報酬ということも指す様子で報酬支払いが事前・途中・事後のいずれかの場合も報酬を得るということになります。
行為が複数回である必要はなく、特定の設備や営利性も関係しないとのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事