NHK敗訴について

NHK受信契約締結承諾等請求事件について弁護士の立場としての見解を解説されています。そのなかで見解ついてNHK敗訴という評価だけはありえないということを説明されています。

主文を確認しますと、NHKが会社経営の男性を訴えましたが、この主文には上告を棄却するとありますが、この主文のみを根拠にNHK側の敗訴と決定付けることは間違いであると解説されています。

全文を確認しますと、高裁でNHKが勝訴していることを認容したうえで最高裁で棄却されましたので、NHK勝訴判決が生きたままになっています。
今回の判決によって主位的請求は棄却されましたが、予備的請求2は承諾する義務は発生しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事