NHK受信料憲法判について

最高裁判所でNHK受信料に関する裁判が開かれました。原告の主張としては受信設備を設置した団塊から契約が締結されなければいけないので、未納分の契約料もふくまて支払いべきとの主張で、被告がそれはおかしいと主張している裁判の件です。

傍聴券の頒布は一時からおこなわれており、160人中110人でしたので、抽選は無かったとのことです。

民主主義の中で最も強いのは民意が最も強いと主張されています。
それ以降に強いのが最高裁判所の判決 ⇒ 憲法 ⇒ 法律

の順に強いとされています。現在では投票は大人の世代の方がおおいのですが、これが若い世代の方が上まれば、民意も若い方中心となり、NHK受信料に関する関心も変わってくると解説されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事