弁護士じゃないのに法律業務をするのは違法

資格がないにも関わらず弁護士業務をおこないますと違法となってしまいます。
弁護士の資格が無いにも関わらず法律事務をおこなったとして大阪市鶴見氏の男を弁護士法の疑いで逮捕しました。

容疑者の男は無資格のまま報酬を得る目的で賃金返済や損害賠償を得る目的で、賃金返済や損害賠償請求といった3件の民事訴訟を受任し、訴状等の書類を作成して大阪地裁などに提出していました。

非弁活動によって弁護士法違反に問われた事件として地上げ屋が多額の報酬を得て、立ち退き交渉という法律事務をおこなった、と言ったことや、行政書士が遺産分割競技で他の相続人と折衝したなどの事例が有ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事