自宅を妻に贈与したら債権者から訴えられてしまった。

自分男財産より借金の方が多くなってしまった状態で債務超過の場合に唯一の財産である自宅を妻に贈与したところ債権者から訴えられてしまったといったことが起きてしまった事例です。

こういった場合には債務者の行為は詐害行為として詐害行為取り消し訴訟によって債権者から訴えられて贈与をより消されてしまう可能性があります。

民法第424条詐害行為取消権では債権者は、債務者が債権者を害することをしって法律行為の取り消しを裁判所に請求することができる。
ただしその行為によって利益をうけた者または転得者がその行為又は転得のときにおいて債権者を害すべき事実を知らなかったときはこの限りでないとあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事