旅館業法について

民泊が良く問題になっているのが、人を許可無く宿泊させていることがよくあります。無許可で人を宿泊させることは旅館業法に違反しているということになります。
旅館業法の定義は宿泊施設をもうけ宿泊料うけて人を宿泊させる営業であることと法律にあいてあります。

宿泊のポイントは寝具、有料であるか、衛生管理の主体に関してが主になっています。

その件に関して賃貸住宅も人が宿泊しますので、旅館業法に違反しているのかとおもわれてしまいますが、衛生管理の主体というものがあり、これは毎日布団などを取り替えたり、部屋をクリーニングにするかなどを考慮し、宿泊に該当するかがポイントになってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事