配置転換を拒否した場合

配置転換を拒否すると懲戒解雇になったといった場合があります。裁判例では配転先での職務内容の変更等配転に伴う利害得失を考慮して合理的な決断をするのに必要な情報を提供することを使用者に求めています。

懲戒解雇は使用者の取る最終的な手段となっていますので、使用者は処分対象者に注意や警告を行い、また面談を行うなどして、処分対象者により不利益の少ない対応を取ることができないのかを充分に検討しなければなりません。

使用者はこれらの手続きを行わずに懲戒解雇を行わなかった場合には権利の乱用として扱われてしまいますので、注意が必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事